上司に結婚式の招待を断られた時にどんな返信をすればいい?

イベント

スポンサードリンク



 

 

職場の人を結婚式に招待される方も多いと思います。

仲の良い同僚や後輩…日頃お世話になっている先輩や上司など、みんなに

お祝いに来ていただきたいですよね。

 

家族や親族から普段のお礼を言う機会にもなりますし、パートナーの紹介にも

うってつけの場所になると思います。

 

高役職の上司に断られてしまうと、その下の役職の方も参加しづらくなったり(立場上)、

周りにも影響しかねない問題です。

 

同僚や後輩から断られた場合もショックを受けることがあると思いますが、

上司に結婚式の参加を断られてしまった場合、どのように対応すればよいのでしょうか?

 

 

上司に結婚式の招待を断られた時はどんな返信が望ましい?

 

 

結婚式はお世話になった人、今後ともお世話になる人を招待するものです。

どのような関係性であれ、断られた場合、悲しい気持ちになるものですが、一度断られて

しまったら、潔く諦めましょう。

 

追い縋っても、来れない事情がある場合もありますし、上司に予定を詮索したりなどすると

失礼に当たる場合もあります。

 

ショックな気持ち、腹立たしい気持ちなどでモヤモヤしているとは思いますが、

相手は上司です。

これからも、仕事上の関係が切れるわけではありませんし、そのような気持ちが態度に

出てしまうと今後の関係性も悪くなりかねません。

 

グッとこらえて、断られても、手紙やメールなどで一言メッセージを送ることをおススメします。新郎新婦の連名で、送ると良いでしょう。

 

以下に、いくつか文例を書いておきます。

「この度は、ご都合がつかず大変残念に思います。日頃お世話になっている○○部長に

是非起こし頂きたかったです。新しい家族とともに、より一層仕事にも精を出して頑張りたいと考えておりますので、今後ともご指導ご鞭撻の程、よろしくお願い致します。

新郎□□&新婦△△」

 

※祝電を頂ける場合

 

「部長のご都合がつかず残念ですが、ご多忙の中「祝電」を頂けるとのことで

まことにありがとうございます。式場・披露宴会場の住所はこちらになります。

〒×××‐×××× □□県□□市□□町□□‐□□ ☆☆宴☆☆式場

新郎もしくは新婦または両宛名

 

二人で新しい人生を歩んでまいります。これからも何卒、ご指導ご鞭撻の程、

よろしくお願い致します。新郎△△&新婦◆◆」

 

このように、お世話になっているお礼と今後の展望などを実直に書くことを

おススメします。

 

 

スポンサーリンク

欠席の返事をもらった後も今まで通りに接するのが大事!

 

 

「一生に一度の結婚式!」と、意気込んでいる気持ちは分かりますが、招待状は

招集命令ではありません。

 

断られたからといって、冷たい態度やよそよそしい態度は控えなければなりません。

相手方も単純に、どうしても参加できない事情があるのかもしれませんし、すべての

方が明確に欠席理由を述べてくれるわけではない、との理解も必要です。

 

一般的にですが、

 

・身内の不幸により欠席する場合

・金銭的理由による欠席する場合

 

これらの理由で招待を欠席する場合は、欠席理由を明言しない場合があります。

お祝いの場にふさわしい理由とはいえませんしね。

欠席した方に対して、式後にあれこれ言うのも控えた方がいいでしょう。

例えば、欠席した上司に対して「気にしないでください。」と言葉を掛けるのもあまり

おススメしません。

 

相手方から、「行けなくて悪かった。」などの発言があった場合は良いと思うのですが、

自分から結婚式の話を振って、その発言をしてしまうと、「欠席することは悪」と考えている前提になってしまう恐れがあります。

 

人それぞれの捉え方の問題ですし、あなたという人間が周りからどのようにみられているかにもよりますが、今後の関係性を壊してしまいかねないリスクファクターは排除しておきましょう。

 

 

まとめ

 

 

日頃お世話になっている上司から、結婚式の招待を断られると…「嫌われているのでは…」

などと不安に思う気持ちもわかりますが、

 

どうしても、来られない事情があるのかもしれませんし、

冷たい言い方に聞こえるかもしれませんが、結婚式は強制参加の場ではありません。

 

部下が多すぎて、「誰の結婚式も行かない」と決めている人もいることでしょう。

「あの人の時は行ったのに…」とか、どうしようもない理由で欠席する際でも、変な

誤解や嫉妬を生み出しかねないからです。

 

断られた方も、あまり固執せずに、割り切って、

「一生に一度の結婚式」を楽しみましょう。

 

他にも、祝ってくれる方はたくさんいるはずですし、気落ちして結婚式が楽しくなくなって

しまうのは本末転倒です。

 

これから結婚式を挙げるみなさんにとって、最高の儀式となることを心から願っています。

 

タイトルとURLをコピーしました