目からウロコ!カブトムシの腐葉土の正しい作り方とは?

季節

スポンサードリンク



 

カブトムシ飼育に腐葉土は必須です。

良い腐葉土は、カブトムシの餌や寝床や蛹室を作ることが出来、

新しい命を育み繋ぎます。

でも腐葉土ってどうやって作ればいいのでしょうか?

その作り方を見て行きましょう。

 

カブトムシの幼虫に霧吹きをするとき気をつけるべき事は何か?

【そもそもカブトムシの腐葉土ってどういう役割があって何の為に必要?】

 

・カブトムシの腐葉土はどんな意味があるのでしょうか?

何故、必要なのか調べました。

 

最初に腐葉土とは何でしょうか?

 

腐葉土とは枯草や朽ち木などの有機物が微生物やミミズにより

分解され出来たものです。

 

腐葉土の成分はカリウム、窒素、リン酸、炭素、水分です。

 

自然界でカブトムシや蝉は土の中で成長していきます。

腐葉土はカブトムシの餌にもなりますし、外敵から身を守る砦にもなります。

成虫になる時は、土の中に蛹室を作り、外敵から身を守り成虫になります。

 

このようにカブトムシにとって腐葉土は無くてはならないものです。

 

少々の雑菌やキノコはカブトムシにとっては害にはならないようです。

却って菌が全くないような状態ではカブトムシは育つことが出来ません。

 

カブトムシ用の腐葉土、マットはホームセンターや大型スーパーでも

手に入れる事が出来ます。

 

100均でも買う事が出来るぐらい、手に入れやすくなっています。

上質なものもあるのですが、中には最初から他の害虫の卵が含まれて

いるようなものもあります。

 

そういうものを使ってしまうと、異様にダニや害虫がわいたり

成虫にならなかったりします。

では、腐葉土を自分の力で作れないのでしょうか?

カブトムシにとって良い腐葉土とは?

次にカブトムシ用の腐葉土の作る方法、コツをお伝えしましょう。

 

スポンサーリンク

【もう悩まない!カブトムシの腐葉土の作り方にはコツがあった?!】

 

・自分でカブトムシ用の腐葉土を作りたい、

どのような方法、コツは何でしょうか?

必要なものは、枯葉や朽ち木、ミミズやもみがらなどです。

ポイントは針葉樹の枯葉はカブトムシにとって良くありません。

どうも針葉樹に含まれている成分がカブトムシの成長を妨げるようです。

 

ですのでクヌギやポプラ、ブナ、けやきなどの広葉樹の落ち葉を集めましょう。

近くの公園でポプラなどの落葉がるなら、それを集めましょう。

 

カブトムシ用に栄養価の高い腐葉土を作るには、

米ぬか、味の素、小麦粉などを加えるといいでしょう。

日頃から懇意にしている米屋があれば、一袋いくらかで売ってもらえます。

 

それでは具体的に腐葉土を作る方法をみていきましょう。

 

・洞穴を作ってそこに枯葉や朽ち木をいれておき、

ミミズ、または米ぬかやオガクズを入れて混ぜ、ビニールシートをかぶせ

重しを置いておきましょう。ビニールシートは雨除け、風除けになります。

一週間に一回ぐらい混ぜて空気を入れ、腐葉土の状態を良い状態に保ち、

気長に待つと23ヶ月ぐらいで使えるようになります。

 

市販の腐葉土でもこの攪拌(かくはん)を何回も繰り返したものは

金額も高くなりますが、品質も良いようです。

 

・自宅に広い庭が無い家庭ではどうやって作ればいいの?

落ち葉が腐葉土になるにはかなりの期間がかかってしまいます。

腐葉土は自然に任せているとかなり年月がかかってしまいます。

カブトムシの飼育に使うにはそんなに待っていられませんよね。

 

では、どうすれば早く腐葉土を作れるのでしょうか?

ポリバケツなどでは底に穴を開けて利用しますが、

広い場所が無い場合はゴミバケツに、底に水抜き用の穴を開けた

ビニール袋を入れましょう。

 

  早く腐葉土を作る為にはどうしたらいいのでしょうか?

 

枯葉の発酵を促し、早く腐葉土にするには、

ミミズを入れて置きましょう。ミミズは発酵を助ける働きをします。

ミミズは良い土壌を作る事でも良く知られています。

ミミズは苦手と言う方は、枯葉や朽ち木を集めたら、

米ぬかを混ぜておくといいそうです。

小麦粉、味の素をいれておくといいという報告もあります。

他にもコケ類を原料としたピートモスも入れるといいですね。

ピートモスとは、コケ類や植物を細かく砕いて乾燥させた土のことです。

水分の吸収力が高く、1030倍もの保水性をもっているそうです。

このピートモスなどを入れることにより

一層、発酵・熟成が早くなりますので入れることをおすすめします。

 

腐葉土作りのコツは

広葉樹を集めること。

一週間に一回良くかき混ぜますが、空気を入れると同時に、

腐葉土が乾いているようでしたら水分を補給しておくことです。

 

【まとめ】

 

カブトムシ用の腐葉土やマットは売っているけど,]

種類が沢山あって選べない。出来るだけお財布に優しい方がいい。

そんな方は自分で枯葉と朽ち木を集めて水をいれておくだけで

時間はかかりますが腐葉土を自分で作れると解りました。

手作りは添加物が無いので安心です。

 

しかし、一晩で作れるものではありませんので、

枯葉が多い時期から作り始めると

次の年のカブトムシ飼育に使うことが出来ます。

また、腐葉土作りを促進してくれるミミズが増えると

魚釣りの餌としても使うことも出来ますね。

是非、腐葉土作りにチャレンジして下さい!!

 

 

タイトルとURLをコピーしました