離婚後50歳男性の友達にかける言葉は?励ますだけが全てではない

生活

スポンサードリンク



 

まずはそっとしておく。

かなりのダメージもあるでしょうし

男性ということもあるのでとりあえず生活は

しっかりしているということもあります。

 

ただ男性の方が女性よりダメージを受けやすく

引きずりやすいので心が折れている率がとても高いので

思ったよりも落ち込んでいると思います。

 

自分から話せるようになったら

話を聞いてあげる事が大切。

その時には自分の意見をあまり押し付けずにしましょう。

 

もし熟年離婚だった場合は気を使ったほうが

言いかもしれません。

熟年離婚は妻から突然突きつけられる場合が多く

自分は理由がわからないことも多いでしょうし

ショックも大きいのではないかと思います。

 

そんなときはそっとしておくのが1番いいのではないでしょうか?

自分の気持ちが吐き出せるようになるまで

そっとしておくのがいいです。

そして気持ちを吐き出せるようになったとき

その気持ちをじっくり聞いてあげるのがいいのではないかと思います。

 

慰謝料や養育費の事も頭にあります。

お金に関しても心配事も多いのがこの年代。

そんな事も相手が話せばそこも深く話を

聞いてあげると少し心が軽くなるかもしれません。

 

離婚した50歳男性の友達にかける言葉は?

 

まず大変だったねと声をかけることです。

熟年離婚だった場合は特に

ショックも大きく理由も自分では納得できない事も多いはずです。

言われている事すら理解できないかもしれません。

心労はかなりあるのではないでしょうか?

 

ただし50代ともなれば考え方がずいぶん大人でしょうし

悪い所があったという可能性もあるでしょう。

その場合は同意してあげるのもひとつの方法ではないでしょうか?

「そうね」とか「まあそういうこともあるかもね」とか

寄り添う言葉もいいかも知れません。

 

離婚したばかりでも元々家族がいた人なので

仕事が終わり暗い部屋に帰るのは寂しいものです。

すぐには無理でもいずれ再婚して新しい人生を

歩むのもいいのではないか?と伝えるのもいいかと思います。

もう結婚はいいとは思っていても電気がついている部屋に帰るのと

真っ暗な部屋に帰るのはずいぶん違うものです。

暗い部屋というのは家庭がない証拠。

そこに今まであったものがなくなったというのは寂しいものです。

50代であれば養育費などの心配もないでしょう

 

 

スポンサーリンク

離婚した友達が嫌がる言葉やいらぬ気遣いとは?

 

離婚に関してはあまり根掘り葉掘り聞かない事です。

聞かれたくない事もあるでしょうし

興味本位で聞くのはNG!

 

がんばるという言葉もいってはいけない言葉です。

それまで必死で頑張ってきたでしょうし

男性の場合会社での立場もあるので

顔に出すわけにもいかない分

もっと頑張っていると思います。

 

同情心も禁物。

ひょっとしたら離婚して正解だと言うこともあるはず。

そんなときに同情するのはNGです。

 

男性なのでお金に関してはきちんと仕事をしている限り

心配する必要はありませんが

50代であれば養育費もあまりないとは思いますが

それでも自分から話をしない限り聞いてはいけません。

お金に関してはどんな事があるかわからないので

金銭的なことで余計落ち込む可能性があります。

 

離婚するということは夫婦共にどちらもものすごい

エネルギーが要るものです。

その後憔悴するのは見えています。

どうしたらいいのか、これからどう生活したらいいのか

いろいろな事が頭をよぎるでしょう。

 

すぐに「よし しっかりしなくちゃ」というわけにはいきません。

一度気持ちを落ち着かせる事が大事です。

その先のことは後でいくらでも考える事ができます。

その意味でもそっと見守る事が1番大事なのではないでしょうか?

そしてその先を一緒に考えてあげましょう

タイトルとURLをコピーしました