トイレ掃除で嫌な臭いを根本から取り除く方法!

掃除

スポンサードリンク



 

キレイで良い匂いのするトイレは大変気持ちが良いものです。

 

でも、トイレの掃除はしていても臭いがする事があります。

 

芳香剤を置いたり、スプレーをしてもその時だけです。

 

一瞬臭いが取れますが、汚れがの元が取れたわけではありません。

アンモニア臭と香料が混ざって、余計に変な臭いになることもあります。

 

では、根本的に臭いを防ぐにはどうすればいいのでしょうか?

気になるトイレの臭いの原因と臭いを絶つ方法を考えてみましょう。

 

 

【トイレの嫌な臭いの原因とは?】

 

トイレに入った時、嫌な臭いがすると入るのが嫌になります。

 

その臭いの元はまず尿そのもののアンモニア臭。

この尿の臭いで体調の変化も解るのですが、

出来たらこの臭いを消したいものですね。

 

次に臭いの元になるのは、男性が立って用を足すときに飛び散る

尿ハネです。尿ハネは、便器だけではなく、壁面にも飛び散っています。

少しの尿ハネも放置しているとバイキンが繁殖し、トイレ特有の

アンモニア臭の元になります。

 

他には下水からの臭いもあります。

 

便器には、下水からの害虫や臭いを防ぐ為に水が溜まっていますが

それでも臭いは上がって来ます。

 

トイレ内のカビが原因のこともあります。

 

トイレの臭いの原因がわかった所で、

それでは、トイレの臭いを防ぐ方法を考えてみましょう。

 

 

スポンサーリンク

【トイレの嫌な臭い 対策は?】

 

トイレの嫌な臭いを防ぐには、尿ハネの汚れを防ぎ、黒カビを生え刺さないようにすることです。

その為にはこまめで丁寧な掃除が必要です。

毎日掃除することで年末の大掃除の手間を少なく出来ますし、

臭いで悩まされることも無くなって来ます。

 

仕事と育児で忙しいお母さん、お父さん、

毎日毎日の掃除は大変だと思われるかもしれません。

でも習慣にしてしまうと思っているより楽です。

毎日しているから汚れもさほど溜まらず掃除が楽になるのですね。

掃除をさぼっているほうが、その時は楽でも返って掃除が大変になります。

 

便器内だけではなく、壁やタイル、便器の縁の裏側、床と便器の隙間など、

見落としそうな場所もしっかり掃除しましょう。

 

トイレ用の洗剤を使うのも良い方法ですが、

一番いいのは、重曹スプレーやクエン酸、セスキソーダスプレーを利用して

トイレに入るたびにスプレーしてブラッシングしておくことです。

 

これをしているだけでも臭いはかなり軽減出来ます。

 

特に見落としがちなトイレの便器のフタ、隙間などは歯ブラシを使用して

しっかり汚れを落としましょう。

 

便器は何年も使用してると、どうしても尿石が溜まってくるものです。

黄ばんでしまうと中々汚れは落ちません。

そうならない為に、日頃の掃除は毎日して下さいね。

 

トイレの壁面が壁紙の方もいるでしょう。

モップやワイパー等を利用して拭きましょうね。

時には天井や、棚なども掃除すると良いでしょう。

 

便座カバーや、トイレマットも頻繁に洗いましょう。

トイレマットも取り払い、便座カバーも貼るだけのものにすると

洗濯も楽に出来て手間を防ぐことが出来ます。

便座カバーもこまめに洗って取り換えると臭いはましになります。

 

トイレの臭いを防ぐにはまず掃除、換気を十分にすることです。

 

掃除をしたら便器には重曹をまいておきましょう。

重曹の臭いを吸着する成分が役になってくれます。

 

【まとめ】

 

夫や子どもに便器に座ってくれとは言いにくいものですよね。

それなら入った時に便器にスプレーだけしてもらうのはどうでしょうか?

それだけでも便器の汚れはましになります。

みんなで使うトイレなので、家族一人ひとりにキレイなトイレを保つように

協力をお願いしましょうね。

 

トイレがキレイだと心までキレイになった気がしませんか?

毎日使うものだからこそ、臭いの無い、キレイなトイレを目指してみませんか?

 

 

タイトルとURLをコピーしました