家庭で野菜を育てる時の水やりの方法は?収穫後の調理法も伝授!

家事

スポンサードリンク




 

 

 

皆さんは家庭菜園の経験はありますか?子どもが小さい間は、なかなか家庭菜園にまで時間を確保することが難しい馬愛もありますが、子育てが落ち着いた頃に始める方も近年は増えています。

 

テレビなどでも再生野菜についての特集が組まれたりするのを目にする機会も増えてきましたね。実際に家庭菜園をされてる方は、どのように上手に育てているのでしょう?

 

これから家庭菜園をしてみたいという方にも是非参考にしてもらえる内容となっていますし、家庭菜園をしても上手にあとが育たないと悩まれてる方にも参考になる内容となっています。

 

家庭菜園は、手間はかかりますが、やり始めると楽しいこともありますし、野菜の日々の成長が楽しみになったりします。そんな方々が普段疑問に思われてることをピックアップしてしますので、最後までご覧下さい!

 

 

 

 

 

 

 

【いよいよ収穫した野菜を調理!水にさらす方法と時間は?】

せっかく家庭菜園で収穫した野菜を食べようとした時に、辛かったという経験ありませんか。野菜にもよりますが、辛味が強い場合は、水にさらす時間が短かったり、育てる途中の過程で水やりが少なかったりするなど様々な理由が考えられます。

 

いくつか例を挙げてみたいと思います。

 

・玉ねぎ

玉ねぎは、あまり長く水にさらす事で玉ねぎ本来の風味を損ねてしまいます。玉ねぎを水にさらす場合は、長くて10分。スライスにして、サラダで食べる場合に冷水にさらすと苦味がとれて美味しく食べられます。

 

・キャベツ

キャベツは水にさらす事で旨味成分が出てしまうので、キャベツは水にさらすのはもったいないです。特に繊維に沿って細かく刻む事で細胞が破壊されてしまうので、栄養素を逃してしまいます。

 

・葉物野菜

ほうれん草などの葉物野菜は、酸っぱい成分が含まれているので、お湯にくぐらす程度にし、すぐに冷水にとって15秒ほどさらします。

 

家庭菜園で収穫した野菜は、水やぬるま湯にさらすことで、野菜自身がたくさんの水を吸い取ってしまい、野菜が柔らかくなりすぎることがあります。せっかく栄養素がたくさん含まれていても、外に排出されてしまうため勿体なかったりします。

 

野菜を水につける時には、必ず冷水を利用しましょう。そして、短時間で歯ごたえが残るように引き上げることが大切です。

 

 

スポンサーリンク

【食後も重要⁉︎“再生野菜”なら水につけるだけでまた食べられる‼︎】

まず、再生野菜ですが、野菜の成長を活用する栽培方法の1つで、近年では注目されている栽培方法です。テレビなどで、再生野菜について目にされたことはあるでしょう。また、実際に再生野菜を栽培されてる方もいらっしゃると思います。

 

そんな再生野菜ですが、水につけるだけで再び食べることができるのでしょうか。その疑問点を解決してみたいと思います。

 

では、再生ができる野菜には、どのような種類があるのか見ていきましょう。

 

・葉物野菜

モロヘイヤ、小松菜、青梗菜、クレソン、水菜、三つ葉、セリ、キャベツ、白菜など

 

・薬味野菜

わさび、ネギ、にんにく

 

・根菜

ごぼう、大根、人参、カブ、山芋など

 

根菜やニンニクなどを再生栽培する場合は、葉の部分を再生して食べるようになります。

 

特に水耕栽培と言われる、小松菜、青梗菜、水菜、セリ、大根、人参、ネギ、にんにく、クレソン、三つ葉などは水につけておくだけで美味しく食べることができます。野菜を浸けている水は小まめに交換することが大切です。毎日水を変えることで美味しく栽培させることができます。

 

収穫までは2週間ほどでできるものもありますし、もう少しかかるものもありますが、できるだけ日光が当たる日当たりの良い場所に置いて栽培するといいでしょう。

 

再生野菜について、少しはご理解頂けたでしょうか。簡単なように思いますが、水を毎日入れ替えるなど少しは手間はかかります。栽培の途中で、カビなどが繁殖してしまった場合には、全部捨てるようにしましょう。特に夏場はカビの繁殖が多くなる季節でもあります。梅雨に入ってから、涼しくなるぐらいまでは特に注意が必要です。

 

食後に、根元やヘタの部分を少し残してきれいな水を薄く張り、野菜を育てていきます。様々な野菜が再生野菜として利用できますので、節約にも繋がります。

 

失敗してもコストは最低限で済みますので、気軽にトライしてみましょう!!

 

 

        

タイトルとURLをコピーしました