元お天気お姉さんが教える!!走り梅雨とはどんな時期のこと?

季節

スポンサードリンク



 

 

 

晩春から夏にかけて雨や曇りの日が多く現われる期間が「梅雨」ですが、降雨や曇りが続くと、洗濯物が乾かなかったり、くせ毛に悩んだり何だか憂鬱になります。

特に女性は、梅雨に向けて準備が必要です。私も、梅雨近くになるとお天気予報がきになります。よく「梅雨入り」とは聞きますが、ある天気予報で「明日は、早くも走り梅雨のようなお天気・・・」と放送していましたが、みなさんは、走り梅雨という言葉を聞いたことがありますか?恥ずかしながら私は、知りませんでした。「走り梅雨」の言葉のイメージから、梅雨時期の直前位かなとは思うのですが、とても気になるので、今回は、もとお天気お姉さんから「走り梅雨」について教えてもらいましょう。

衝撃の事実!!『五月晴れ』には2つの読み方があった!?

走り梅雨とはどんな意味の言葉?俳句でも使われている!

 

走り梅雨とは5月後半から梅雨本番の前触れのように雨が降ることをいいます。沖縄や奄美地方が梅雨入りすると、本州の南岸にも前線が停滞することがあり、梅雨のようなぐずついた天気となります。ではどんな意味の言葉でしょうか?走りと梅雨それぞれの意味をみてみるとわかります。

 

走りの意味:ある物事のはじめとなったもの。先がけ。

 

梅雨:晩春から夏にかけて雨や曇りの日が多く現われる気象現象で、その期間をさします。

晩春~夏頃には、オホーツク海に発達した気団の冷たい空気と、太平洋に発達した小笠原気団の暖かい空気がぶつかり合うことでできたものです。

梅雨は、シトシト降った雨が降ったり止んだりしながら1月以上続く。そして後半強い雨が降るのが特徴であるが、近年パターンが崩れ「走り梅雨」や「梅雨前半」に既に強い雨が降る傾向に変動してきています。また、梅雨期の大雨による災害が発生しやすくなっています。

 

以上のことから梅雨に先立って、ぐずつく天気のことで。梅雨の前触れという意味で、梅雨入りするには少し早い5月中旬から6月中旬にかけて、梅雨を思わせるような天気が続くことを言います。

また、「走り梅雨」の別名を、「前梅雨」・「迎え梅雨」といいます。また、「走り梅雨」の時期に卯の花が咲きその花を雨が腐らせるということから「卯の花腐し(くたし)ともよばれています。卯の花は、アジサイ科の仲間で多くの白い花を咲かせます。旧暦の4月を「卯月」というのはこの理由からです。さらに、タケノコが旬であることから「筍梅雨」と呼ぶ地方もあるようです。

 

スポンサーリンク

走り梅雨を季語に読んだ俳句傑作選!!

 

「走り梅雨」は季語としても多く使われています。

では、「走り梅雨」はいつの季語か?正解は、夏の季語として用いられる言葉です。

旧暦において夏の時期は、5月上旬立夏(5月6日頃)から始まるとされているので、

「走り梅雨」は夏の季語となります。

 

 

、走り梅雨を使った俳句の傑作選を一部ご紹介しましょう。

 

走り梅雨古表札のまづ濡れて    小林 清之介

 

走り梅雨気候の変化身に添はず   松尾 緑富

 

書架の書」の一つ逆しまはしり梅雨    林 翔

 

 

走り梅雨ゆつくり歩いてみたくなる     伊藤 多恵子

 

たちまちに梅雨走り来し髪膚かな     草間時彦 櫻山

はせをの碑小さしそぼぬれ走り梅雨  山口青邨

ひそやかに人訪ふ用や走り梅雨    村山故郷

ビルの裏しらじらと壁走り梅雨    松崎鉄之介

マヨネーズ匂ふ病後や走り梅雨    細見綾子

一夜降つて走り梅雨とはなりしかな  村山故郷

九の会の一日延びぬ走り梅雨     村山故郷

今年もや椎のさやぎに梅雨兆す    岸田稚魚 紅葉山

夕刊に同齢の死者走り梅雨      鷹羽狩行

 

 

「走り梅雨」を使った俳句をしらべてみると昔より現代の方が使われています。

歳時記にもよく使われているので、気になる方は見てください。

 

次に「走り梅雨」以外にも梅雨のつく季語がたくさんありますのでご紹介します。

 

「梅雨」の季語と言えば、「梅雨(つゆ・ばいう)」がありますが他には、長梅雨、走り梅雨、迎え梅雨、送り梅雨、戻り梅雨、荒梅雨(あらつゆ)、空梅雨(からつゆ)といった時期を表わす言葉があります。このほか梅にちなんで、「青梅雨」「早梅雨」という季語もあります。
こちらも、有名な俳句に使われています。

 

降る音や耳も酸うなる梅の雨(ふるおとやみみもすうなるうめのあめ)芭蕉

 

5月雨や桶の輪切るる夜の声                   芭蕉

 

さみだれや青柴積める軒の下                   芥川龍之介

 

降る音や耳もすう成る梅の音                    芭蕉

 

 

 

まとめ

「走り梅雨」について色々教えていただきましたが、「走り梅雨」は、梅雨の前触れだということがわかりました。シトシトした雨が続いた後、しばらくお天気が続いて本格的な梅雨にはいります。しかし、近年は、「走り梅雨」がだらだらと続いてそのまま梅雨に入るパターンになりつつあるようです。昔の俳句からも「梅雨」は情緒溢れる趣のある言葉で使われていましたが、ここ数年は梅雨時期における大雨等による洪水や河川の氾濫、土砂崩れなど自然災害による被害が全国各地で多く発生しています。「走り梅雨」それは、自然災害への予告ともとれます。「走り梅雨」でも梅雨期なみに警戒が必要かもしれませんね。

 

 

タイトルとURLをコピーしました