「手芸屋の型紙で作れる?!初心者が手縫いでマスク作り!」

育児

スポンサードリンク



 

ふらっと手芸屋さんに入ったら…。

 

「型紙無料!持ってって!」

 

いろんな型紙のプリントと作り方が置いてあったんです。

 

なかでも

「自分で作れるようになりたい!」

 

そう思ってたのが、やっぱりマスク!

 

自分の好きな柄の布で作れたら、やっぱりうれしいですよね〜。

 

でも、手芸初心者。

しかもミシンは使えない。

 

そんな私でもマスクは作れるの?!

 

「手縫いでも大丈夫ですよ〜」と店員さん。

 

失敗してもダメージが少ないように、100均の端切れで挑戦してみます!

 

 

「手縫いでいいから、マスクを作れるようになりたい!」

 

今回は、手芸屋さんのマスクの型紙を、厚紙に写してから作ってみることにしましたー。

 

まずは、試しに…。

 

キッズ用のマスクから挑戦してみることに!

 

 

今回準備したものは…

 

・ダイソーの端切れ(綿100%)

・マスク紐

・厚紙、ボールペン、ハサミ

・マチ針、針、糸

 

 

じつは今回、ちょっとうまくいかなかったんです…。

 

「初心者が手縫いでマスクを作るとこうなるんだ…」

 

それも赤裸々にお届けできればと…(笑)

 

 

では、初めてのマスク作りスタートです!

 

 

スポンサーリンク

「キッズのナチュラルマスクの作り方は?」

 

1.手芸屋さんでもらった型紙のプリントを、厚紙に写しましたー。

 

寸法は書いてなかったんですが、

自分で測ってみるとだいたい8センチくらいでした。

 

 

 

2.型紙を使って、4枚生地を切り抜きます!

 

 

 

3.生地を2枚合わせて、カーブになっているところをなみ縫いしました。

 

ここ、できるだけ細かいなみ縫いのほうがいいです!

 

前回の反省ポイントです…。

 

 

 

4.なみ縫いしたところを切らないように…。

 

だいたい1センチくらいの幅で切り込みを入れます。

 

 

 

5.同じものを2セット作りましたー。

 

これを縫い合わせていきます。

 

 

 

6.手順5で縫ったほうを、外側同士に合わせて…。

 

周りをぐるっと縫います。

 

ひっくり返すので、端を5センチほど開けてます。

 

 

 

7.ひっくり返したら、両端を1センチくらい折り込んで縫います。

 

あれ…。

 

なんだか小さくない…?

 

 

 

8.紐を通して…。

 

なんとかマスクの形にはなったけれど…。

 

あれ?

真四角?

 

 

 

スポンサーリンク

「採寸失敗…?これはリベンジ必須!」

 

試しに2歳の我が子につけてみました。

 

(普段ならぜったいに嫌がってつけないので、寝ている間にこっそり…)

 

幅はぴったりなんですが、長い…?

 

ちょっと採寸がだめだった…?

 

 

今回は、私が気に入ったリネン風な生地を使いました。

 

まだまだ生地は残っているので、今度は大人用でリベンジしたいと思います!

 

シンプルな生地だと、あえて刺繍糸をカラフルにしたり、ワッペンをつけたり。

 

刺繍ができるなら刺繍をしてもかわいいですね!

 

 

スポンサーリンク

「キッズのナチュラルマスクの作り方まとめ」

 

手芸に長けているかたはお気づきでしょう。

 

今回私、アイロン一切使ってないんです。

 

やっぱりアイロンで生地にしっかり型をつけると、できあがりがぜんっぜん違う!

 

と、今回実感できましたー。

 

なので次回は、ちゃんとアイロンを使って縫い目を割って…やりたいと思います。

 

 

アイロン出すの、面倒なんですけどね…。

 

子どもがいたら危なくて出せないし…。

 

でも一手間かけたら出来上がりが違いますよねー。

 

次回は大人用を、ちゃんとアイロンをかけて作ってみたいと思います!

タイトルとURLをコピーしました