「折り紙で動物を作りたい!かわいい犬ってどうやって作るの?」

趣味

スポンサードリンク




 

折り紙って、子どもとも一緒に楽しめるのでいいですよね〜。

 

でもせっかくなら、かわいい動物を折り紙で作りたい!

 

子どもが好きな犬。

 

犬って折り紙で作るの、やっぱり難しいの?

 

悩んでいるママさんのあなた!

 

みんなが認めた!不器用な私が、

折り紙で犬を作ってみました〜。

 

2歳の我が子も喜んでくれた、折り紙の犬。

 

ご紹介しますー。

「折り紙で動物を作る!初心者に折り紙のねこは難しい?」

「子どももだいすきな犬!折り紙で簡単に作れるの?」

 

私は、折り紙って鶴しか作り方を知らないんです。

 

まだまだ幼稚園の子に鶴は、ちょっと難しいですよね。

 

もっとカンタンで、

そしてかわいい!

 

身近な動物を作りたい!

 

それで、「犬」を選びました〜。

 

 

用意するものは…

・折り紙2枚(頭と身体で1枚ずつ使います)

・顔を描く用のペン

・のりかテープ(頭と身体を留めます)

 

 

たったこれだけです!

 

コスパも最高ですね。

 

 

今回私は、実家の犬(シュナウザー)に

そっくりな色の折り紙でチャレンジします!

 

じゃあ、さっそく作っていきましょう!

 

「折り紙でぞうの平面を作ったら子供に○○された!」

スポンサーリンク

「かわいい犬の折り紙の折り方は?」

 

1.まずは1枚目の折り紙で、犬の顔を作っていきますよ〜。

 

折り紙を裏向けて。

 

ひし形の形で置いてスタートです。

 

 

 

2.真ん中で半分に折って…。

 

逆三角形ができました!

 


 

 

3.もう一回、半分に折って…小さい三角に。

 

折り目をつけるためです。

 

開くと、真ん中に折り目がつきましたー。

 

 

 

 

4.三角のはしっこを下に折り曲げて、犬の耳を作ります。

 

できるだけ、左右の耳が同じ大きさになるように…。

 

かわいいタレ耳ができました!

 

 

 

5.下の三角の角を上に折ったら…。

 

なんとなーく、犬の顔ができた!

 

 

 

6.ペンで目と鼻を描くと…。

 

犬のお顔がかんせーい!

 

実家の犬に似てる!

なかなかかわいいです。

 

 

 

7.次は、犬の身体を作りますね。

 

折り紙を三角に折るところからスタートです。

 


 

 

8.三角の下の部分を上に折り曲げて、

裏返せば…。

 

はい!ちょこんとしたしっぽができましたー!

 

 

 

9.顔と貼り合わせて完成ですー!

かわいい!

 

今回は取れにくいように、テープで貼り付けました。

 

実家の犬もしている、首輪もペンで描いてみましたよ〜。

 

 

 

スポンサーリンク

「折り紙の犬、子どもも一緒に作ると喜びそう!」

 

今回、犬の身体も作ったので、

難しいかなー…。

 

と、最初は思いましたが…。

 

手順も少なくてカンタンでしたー。

 

 

タレ耳がポイントなので、タレ耳のわんちゃんをかわいく作れそう!

 

例えば、黄色の折り紙で作れば、ゴールデンレトリバー。

 

白の折り紙で作れば、マルチーズ。

 

かわいいですよね〜。

 

ぜひ、いろんな色で作ってみたいと思いました!

 

 

のりで顔と身体をくっつけてもいいですが、

我が子はすぐに取ってしまいそうだったので、

テープにしました。

 

テープのほうが、しっかり取れずにできますね。

 

マスキングテープを使っても、カラフルでかわいいと思います!

 

首輪やリボンなど、いろんなデザインを描くと、

よりかわいくて楽しいですよね〜。

 

 

「わんわん!」と、我が子も喜んでくれましたよ〜。

 

私も、実家のシュナウザーにそっくりにできたので、満足です。

 

 

スポンサーリンク

「折り紙の犬の作り方まとめ」

 

顔だけでも折り紙の犬はかわいいですね〜。

 

犬の表情も、子どもと一緒にいろんな顔を描くと楽しそう!

 

2歳の我が子はまだ一緒には作れませんでしたが、

幼稚園くらいの子どもだと、喜んで作ってくれそう!

 

お顔はペンじゃなくても、

色鉛筆でもいいですよね。

 

それだとお部屋も汚れる心配もないですね。

 

あまりがちな茶色、グレーの折り紙がピッタリなのも、うれしいです。

シールを貼ったりして、楽しくかわいくデザインしたいですね。

ぜひ、子どもと一緒に、
いろんなお顔の犬を
折り紙で作ってみてくださいね!

 

タイトルとURLをコピーしました