キッチンの換気扇、フィルター掃除もあっという間に終わる掃除術!

掃除

スポンサードリンク



 

年末の大掃除、主婦を泣かせるのが換気扇の掃除ではないでしょうか?
油と埃にまみれた換気扇、フィルターの掃除は手間がかかり大変です。ここでは、換気扇やフィルターの掃除方法とその対策方法をお伝えします。

 

【換気扇、フィルターのお掃除方法】

 

それでは換気扇、フィルターの掃除方法をお伝えしましょう。

 

昔の家屋には、窓上に取り付けるプロペラタイプの換気扇が多く、

最近のマンションで見られるものにはレンジフードが多くなっています。

ガスレンジの上部についているものが多く、掃除をさぼると火災に繋がります。

 

スポンサーリンク

・プロペラタイプの換気扇の掃除

 

窓上部に取り付ける羽だけの換気扇であれば、

重曹スプレーなどアルカリ性洗剤を使って簡単に掃除することが出来ます。

重曹には油汚れを中和し、発砲作用で汚れを包みこむので楽に落とす事が

出来ます。

その性質を利用して、プロペラの汚れを落としましょう。

 

プロペラに重曹かセスキ水スプレーを振りかけ、ラップして汚れが

浮き上がって来たら洗い流します。

或る程度の汚れであれば、熱いお湯をかければ汚れは殆ど落ちていますので、

台所用の洗剤でもキレイになります。

昔ながらの掃除用洗剤は成分がきついですし、使用しなくても大丈夫です。

 

大変なのはこれから。プロペラ部分を取り外した後の枠の掃除です。

この枠の掃除が普段はなかなか出来ません。

先にぼろ布なので油と埃をある程度取り除きましょう。

 

オリフェスと呼ばれる外枠部分は自分でも洗えますが、

本体、シャッター部分にこびりついた汚れは自分では

中々難しいかもしれません。

分解しないといけない場所についても、プロに頼んでもいいですね。

 

スポンサーリンク

・レンジフードの場合

 

レンジフードカバーなどをご利用の場合も同じ要領で洗いましょう。

大きなゴミ袋に水をため、重曹やクエン酸を入れて溶液を作り、

フィルターやカバーを漬けて置く方法もあります。

 

自分では困難な場合は業者に頼んでもいいですね。

但し、真夏は避けた方が良さそうです。

気候の良い、春か秋にしましょう。

年一度では汚れが溜まるので掃除が一層大変になります。

こまめにプロペラ部分などは洗いましょう。

 

スポンサーリンク

【換気扇についてしまう油汚れを防ぐ方法】

 

こびりついた油汚れを落とすのは中々大変なもの。

キレイになったら汚れないようにしたいですよね。

フィルターを取り付けてこまめに交換する方法もあります。

大手掃除メーカーのプロにフィルターを一ヶ月に一回交換してもらう

方法もあります。

でも、フィルターを多めに購入しておいて交換すれば経済的でしょうね。

 

他にも掃除後に、洗濯用の柔軟剤を塗っておく方法もあります。

静電気を防ぐ成分で汚れが付きにくくなり、汚れも落とせ易くなります。

 

【まとめ】

 

厄介な換気扇、レンジフード、フィルターの掃除方法について

述べて来ました。

 

一度プロに綺麗にしてもらうのも、1つの方法です。

そうして綺麗になったら、今度はその状態を守る事です。

掃除はこまめにする。調理前に換気扇を回して空気の流れを作って置く。

 

プロペラの部分には柔軟剤を塗っておく方法もあります。

レンジフードはガスレンジの上にあることが多いのではないでしょうか?

油が落ちてくると火事にもなりかねません。

換気扇掃除はこまめに掃除するのが一番いいでしょう。

 

年末の大掃除をせずに済むように常日頃からちょっとずつ掃除を
しておきましょう。

特に食品を扱うキッチンはいつも綺麗にして調理に集中しておきたいものです。

 

以前のように強い洗剤は皆さん使わなくなっていますよね。

重曹、クエン酸、セスキ水スプレーの3つが主婦の掃除の基本と

なっているようです。

掃除はこまめに。
大変かもしれませんが、それが一番楽なのかなと感じます。

タイトルとURLをコピーしました