仕事に結婚は関係ない⁉新婚旅行にいつ行けば職場へ迷惑掛けない?

旅行

スポンサードリンク



 

 

 

 

結婚して、新婚旅行を考えた時に仕事のことを気にされる方も多いと思います。仕事内容や職場にも良し悪しが、繁忙期などに新婚旅行で1週間も10日も長期休みを取得するのは気が引ける…と感じてしまうことがありますよね。

 

できるだけ、周囲に迷惑のかからない程度に取得して、新婚旅行を満喫したいと思う人が多いでしょう。では、実際に新婚旅行に行くのに、仕事のことを気にしないでいいのでしょうか。新婚旅行に行く時期はどうしたら、周りに迷惑をかけずに済むのでしょうか。

 

そんな疑問を解決してみませんか。これを読めば解決の糸口が見つかるかもしれませんよ。最後までご覧ください!

 

【結婚後の新婚旅行を理由に会社へ休暇申請する方法は?】

結婚の日時が決まったら、まず会社にも報告をしなければなりません。また、結婚式の後から新婚旅行に行くとなると、特別休暇の申請が必要になります。

 

結婚をする場合に、特別休暇が5日~7日ほどもらえる会社が多いですが、どの時期がベストなのでしょうか。会社に迷惑をかけずに満喫できる方法を伝授したいと思います。

 

まず、結婚が決まり日取りなどの日程が決まったら、会社に報告をします。そして、その際に新婚旅行を計画されてる方は、休暇申請を同時に行うようになります。

 

結婚休暇は連続5日取得ができる会社が多いですが、有給休暇と合わせて7日ほど取得できる場合もあります。会社の就業規則を確認しておく必要があります。その理由として、会社によって特別休暇を認めていない会社も実際に存在します。なので、就業規則や総務、経理担当者に事前確認をしておく必要があります。

 

結婚休暇は、有給休暇とは別扱いになります。この結婚休暇を取得するためには、一定の条件が決められています。例えば、勤続1年以上などの条件があることが多いので、その点も事前に確認しておく必要があります。

 

まず、このような新婚旅行を特別休暇を利用していく場合には、「基準日」というのが設けられています。その基準日は個々の会社によって異なります。

1.      挙式日を基準日に設定

2.      入籍日を基準日に設定

また、基準日から〇日以内に取得しなければならないなどの決まりもあります。詳しくは就業規則に明記されているので、確認しておきましょう。

 

仕事や周囲の方々に、迷惑が掛からないようにするためには、挙式の日程が決まり次第、休暇申請の話をするようにしましょう。多くは、挙式までに6か月ほどの猶予期間があります。なので、繁忙期などを除き、早めに申請しておくことで周囲にも理解を求めることができます。

 

結婚はめでたい事ですが、繁忙期などに長期休暇を取得することで、反感を買ってしまうこともありますので、注意は必要です。

 

直属の上司に、まずは挙式の日取りや新婚旅行にどれくらいの日数を計画しているかなどはっきり伝えることが大切です。早めの申請をすることで、仕事なども調整することができますので、周囲に引け目を感じずに満喫することができます。仕事は関係ないと思われてる方もいるかもしれませんが、それは違います。

 

仕事は周囲の協力があってこそできることも多いので、周囲の理解はマストです。

 

まずは、就業規則を確認して、どれくらいの期間を取得できるのかを事前確認しておきましょう。日取りなどが未定の場合は、少し濁す感じで聞くのもいいと思いますよ。

 

スポンサーリンク

【結婚後に行く新婚旅行の期間は平均で何日程度?】

では、結婚後に新婚旅行に行く期間ですが、平均で何日程度取得できるのでしょうか。

 

新婚旅行先にもよりますが、海外と国内で異なってきます。まず、海外から見ていきましょう。

2日以上0.5

3日間1.3

4日間6.3

5日間18

6日間16.8

7日間30.2

8日間13.7

9日間4.3

10日間以上8.9

とあるデータでは示されています。平均で7日間が多いようですね。それ以上になると仕事にも支障が出る可能性もありますが、上司と相談してどれくらいの期間取得できるのかを話し合ってみるのも1つですね。

 

反対に国内に新婚旅行に区場合はどうでしょう。

2日間以上10.1

3日間29.8

4日間22.7

5日間19.7

6日間7.1

7日間7.1

8日間1.3

9日間04.

10日以上1.7

このように、国内での新婚旅行の場合3日~5日間程度を取得される方が多いですね。

 

いかがでしたか。結婚式後の新婚旅行の費用を抑えるポイントや休暇申請するタイミングなどについてもお伝えしました。参考になりましたでしょうか?どの基準日から計算されるのか、また取得条件があるかどうかなど事前に確認しておかなければいけない事項もありますので、就業規則などを確認しておきましょう!!

 

また、新婚旅行の取得日数は会社や仕事内容によっても変わってきますし、自分の仕事の立場でも変わってきます。そして、国内にするのか海外にするのかというのでも変わってきますので、就業規則などを確認した上で検討されることをお勧めします。また、不明点があれば、総務担当や経理担当の方に祖横断してみるのもいいですね。

 

これまでの取得傾向などを教えてもらうことができますので、その点も参考になるかと思います。

 

タイトルとURLをコピーしました