手を汚さない!キッチンの排水溝お掃除方法!

掃除

スポンサードリンク



 

【前置き】

 

キッチンの排水溝、手を抜くとぬめりや白カビでヌルヌル。

とても気持ち悪いですよね。

「触りたくない」と掃除しないと余計に酷くなり、益々掃除が嫌になります。

「見たら倒れちゃう」そんな状態は避けたいものですよね。

 

では、手を汚さずに済む掃除方法を紹介しましょう。

 

ズボラなあなたでも続けられる!簡単トイレ掃除の仕方!

【手を汚さず、排水溝お掃除をするコツ】

 

仕事や育児、介護などで疲れている主婦の皆さま、お疲れだと察します。

 

毎日の食器洗い、疲れて出来ない日もあるでしょう。

くつろいでいる家族を横目に自分だけバタバタしているのは

誰でも辛いものがあるでしょう。

でも、それを続けているとカビが繁殖して大変な目にあいます。

 

シンクの排水溝、素手では掃除したくないですよね。

あのヌルヌル触りたくないし、見たくもないです。

では、使い捨てのゴム手袋、キッチンタオル、重曹、クエン酸スプレーを

用意して下さい。

ここでは出来るだけ自然由来の商品を利用し、きついカビ取り剤は

使いません。

汚れが酷い時は、汚水が口に入らないようにマスクを使って下さい。

 

 

・排水溝掃除の手順

 

最初にゴミ受け皿とカバ―(ついていない場合もあります)から洗います。

 

ゴミ受け皿のゴミを取ったら、軽い汚れなら食器用洗剤で十分汚れが落ちます。

 

細かい部分を洗うのには使い古しの歯ブラシをご使用下さい。

 

・赤カビ、白カビやぬめりがある時。

 

熱いお湯(火傷しない程度)を排水溝、ゴミ受け皿、フタにかけます。

この時点でタワシ(金属でもカメの子でも可)でこすると

或る程度は汚れが落ちています。

 

落ちない汚れは重曹を振りかけます。

排水溝やゴミ受け皿、フタに適量をかけて暫く置いた後、

しっかりブラシをかけて汚れを落とし水洗いをして下さいね。

 

粉末の重曹を少しの水で練ってペースト状にして塗ってもいいですね。

暫く放置した後、ブラシでこすってキレイに汚れを落として下さい。

ズボラなあなたでも続けられる!簡単トイレ掃除の仕方!

スポンサーリンク

【排水溝お掃除が楽しくなる毎日続けるコツ】

 

汚れがキレイに落ちたら気分もいいですよね。

キレイにしたら、その状態を長く続けたいものです。

排水溝は毎日掃除するって大変?実はそんな事はありません。

 

排水溝やゴミ受け皿は場所が広いわけではないので、

実は毎日掃除することを習慣付けるには最適な場所です。

 

毎日食器を洗わない人はいないでしょう。

食器を洗った後、シンクに何も置かない状態にします。

クエン酸スプレーをかけておきましょう。

クエン酸スプレーでも重曹スプレーでも構わないです。

適量をかけて磨くとピカピカになります。

それだけの事なので習慣にしてしまうと、わざわざ掃除の時間を

作らなくても良くなり、楽になります。

わざわざ時間を作り出すのは大変、ついでにやってしまう事。

それが結局は一番楽です。

 

スプレーが無い時は、市販のお酢を振りかけて流しておいて

良く水を流して下さい。

手持ちのお酢がすし酢などの時は甘味がカビの餌になりかねませんので

もしそれしかない場合は、しっかり水洗いをなさって下さい。

 

【まとめ】

 

重曹やクエン酸、セスキを使った掃除が良く取り上げられるようになりました。

排水溝はカビも生えやすく、気持ち悪いのでつい後回しになる場所です。

そんな排水溝をいつも綺麗に保つための掃除方法を紹介して来ました。

掃除はこまめにが一番です。

食器を置いたまま、ゴミを入れたまま放置。

これはカビを育てるようなものです。

ですので、毎日こまめに掃除をしましょう。

 

重曹や、クエン酸スプレーを使うようになってから、筆者のキッチンは

キレイになり、カビ知らずです。

 

ポイントは毎日コツコツ掃除する。それを習慣にしてしまう。

それが一番の方法です。綺麗になったシンクの排水溝を見るのが楽しみ。

そうなると毎日の掃除が楽しみになります。

あなたもピカピカのキッチンで料理して下さいね。

タイトルとURLをコピーしました