落ちにくいお風呂場の鏡の水垢掃除も….クエン酸で解決!

掃除

スポンサードリンク



 

風呂場の掃除で困るのが、鏡の白い水垢です。

洗剤を使ってもキレイに落ちず困っていませんか?

そんなアナタにとっておきの方法をお知らせします。

用意するものはスポンジとクエン酸とキッチンタオル(ティッシュ)ラップだけ。

とっても経済的で環境にも優しい方法です。

そして、まとめの最後にとっておきの方法をお知らせしますね。

【クエン酸を使ったお風呂場の鏡掃除 簡単にできる方法とは?】

 

白い水垢だらけのお風呂の鏡。顔を見る事も出来ません。困りますよね。

ちゃんと掃除しているのに何故でしょうか?

水道水にはマグネシウムやカルシウムなどのミネラル分が含まれています。

それらの成分(ミネラル分)が鏡に残り結晶化することによって

鏡に白いウロコ状になって残ります。

 

他にもセッケンやシャンプーに含まれている脂肪酸成分も水と

混じり合う事によって(石鹸カス)になり鏡の白い汚れになります。

 

悩んでしまうのですが、でも大丈夫。

これらの成分はクエン酸を使うことによって綺麗に落ちます。

 

何故なら、この白い汚れはアルカリ性です。

これは酸性のもので中和すると楽に落ちるようになります。

きつい洗剤、高額の洗剤を利用する必要はありません。

台所にある甘味が入っていない穀物酢と水を1:1で混ぜるだけで

溶液を簡単に作ってもOKですよ。

 

最初にスポンジで大体の汚れを落として水分を拭き取って置いて下さい。

次に

溶液を鏡にスプレーしてキッチンタオルをくっつけておきます。

その上からラップを張り付けます。

そのまま放置して汚れが浮き上がって来たら、キッチンタオルとラップを

剥がして水で洗剤分をキレイに洗い流せば終わりです。

 

スポンサーリンク

【水垢を残さない!お風呂掃除を毎日続けるコツとは?】

 

水垢で苦労する前に簡単に掃除を毎日続ける方法を

考えてみました。

 

主婦も自分の時間が取れ、家事にも多くの時間を割ける方もいれば、

育児や介護、仕事で忙しい人もいるでしょう。

 

忙しい人にお風呂掃除を完璧にしろと言っても無理な話です。

それなら毎日、少しずつ掃除しましょう。

まず、湯舟、床、タイル、鏡。この中で毎日出来るのは

実は湯舟です。先ほど出て来ましたクエン酸スプレーをかけて

湯舟をスポンジかたわしでこすっておいてからお湯を抜きます。

たったこれだけで白い水垢から解放されて掃除が楽になります。

 

鏡も主婦泣かせの場所です。

お風呂から上がる時にクエン酸スプレーをかけて置きましょう。

その後拭き取っておけばいいですね。

 

・水垢を予防するには?

 

水垢がこびりつくのを防ぐには、まず、水滴を残さない事です。

水滴に含まれている成分が残っていると水垢になります。

 

次にテレビでも紹介されていてご存知かもしれませんが、

液体のりを鏡の数か所につけてから水で鏡全体に伸ばします。

ティッシュなどで余分な水分を拭き取って置きましょう。

 

ノリの効果は約一週間だそうです。

時々水分をかけてノリを伸ばすようにしておくと、汚れが付くのが

かなり違ってきます。

この方法は鏡が湯気でくもるのを防ぐ効果もあります。

汚れが目立つようになってきたらノリの部分を剥がして、もう一度

ノリを塗布しておきましょう。

 

【まとめ】

 

厄介なお風呂の鏡に付いた白い水垢の掃除方法と予防について

お伝えしてきました。

色んな洗剤がありますし、プロ仕様の洗剤もあります。

でも効果はあっても高額であったり成分が不安になったりします。

その点、クエン酸はお値段もお手頃ですし、使いさしのレモンの皮や

みかんの皮でも作れるので環境にも優しいです。

 

クエン酸や重曹、セスキ水を使っての掃除が話題になっています。

これは実際に使ってみるとその効果を実感出来ます。

皆さまの是非クエン酸スプレー、お酢スプレーを作って使って下さいね。

毎日の掃除を楽にしましょう。

 

タイトルとURLをコピーしました