高1の娘がずっと補欠の時の親はどう考えて対応すればいい?

スポーツ

スポンサードリンク



 

 

1の娘が部活でずっと補欠。

親としては、レギュラーで活躍するカッコいい娘の姿を期待してしまいます。

叱咤激励の方法を間違うと、子どもの未来にも響いて来ます。

言葉かけ、親の態度は大変重要です。

では、どのような言葉をかければいいのでしょうか?

悩みますよね。

ここでは、親の対応の仕方を考えましょう。

 

【高1の娘が部活で補欠の時の親はどう受け止めればいい?】

 

部活で頑張っている高1の娘、頑張っているのにずっと補欠。

なかなか試合に出してもらえません。

親としてはレギュラーで活躍する娘の姿を見たいと思います。

そんな時、親としてはどう受け止めますか?

娘が不憫、可哀想。頑張りが足りない。

もっとうまい人がいるのだから仕方ないと諦める。

親の受け止め方はそれぞれです。

それぞれの思いがあります。

 

しかし、親はそういう事に一喜一憂すべきでは無いと思います。

またチャンスがある。そんな大きな気持ちを持ちましょう。

 

親が可哀想だと気を使ったりすると

娘さんは余計に気を使ってしまいます。

親の一言で子供は伸びる事もあれば、潰れてしまう事もあります。

 

酷くなると悩み、自信を失い、部活を止めてしまいます。

そうならないように、親は静観しているのが一番です。

試合も見に来られるのを嫌がるようなら、

行かないで家で応援していましょう。

試合に出れない自分を親に見せたくないと言う思いがあります。

 

レギュラーではない選手にも大切な役目があります。

そういった裏方で頑張っている生徒が殆どでしょう。

レギュラーで活躍し、プロからスカウトが来るような選手はほんの一握り、

殆どの選手が裏方の仕事を頑張って、レギュラー選手を支えています。

 

そんな裏方を頑張っていると、誰かが見ています。まだ高校一年生です。

次にレギュラーになる可能性もあります。

親は、何も言わずに黙って見ている。

それでいいのではないでしょうか?

むやみに頑張れと言うのも本人にとってはプレッシャーになります。

 

スポンサーリンク

【娘に対して親としてどう対応するのがいい?】

 

1の娘が中々レギュラーになれず、補欠ばかり。

では、どう対応するのがいいでしょうか?

 

頑張りが足りないと叱りますか?それだけは、絶対にしないで下さい。

また、可哀想、可哀想と同情しないで下さい。

普段通りに接しているのが一番です。

スポーツと言うと、何かと金メダルを取った選手だけがもてはやされます。

それでいいのでしょうか?金メダルしか意味が無いのでしょうか?

マスコミの在り方にも問題は無いでしょうか?

オリンピックを目指すことだけが、スポーツの意義ではありません。

金を取れなくても、頑張っている選手は大勢います。

 

親が可哀想がったり、監督やチームの悪口を言ったりすると、

親やチームに対して不信感を募らせ、信用する気持ちを失うことにも

つながりかねません。

そうした事態にならないように、親は黙っていましょう。

そのスポーツが嫌にならないように、やる気を無くさないように

見守っていましょうね。

 

スポンサーリンク

【親は子供の気持ちを良く聞き、最後は子どもの意志を尊重】

 

レギュラーになれない。

娘さんはどのように考えているのでしょうか?

落ち込んでいる様子が感じられますか?

レギュラーになれないと辞めたいと思っていますか?

裏方の仕事が辛い?遣り甲斐を感じているでしょうか?

もしかしたら、次のチャンスを掴めるように頑張っているかもしれません。

チームメイトとの交流を楽しんでいるかもしれません。

そのスポーツが大好きで続けたいと思っている事が多いとは思いますが、

もし、辞めたいと思っているなら無理をさせない事が大切です。

子供がどのように思っているのか良く話を聞いて理解を深めて下さいね。

子供の本当の気持ちを知り、寄り添う事が大変大切です。

 

次のチャンスを掴めるように親は黙っているのが一番ですが、

「レギュラーで無くても頑張ればいい。次がある。」

私ならそう言葉をかけます。

要はやる気を失くさせないそれが大事です。

 

 

【まとめ】

 

学校教育の一環としてスポーツはあります。

高校野球や高校サッカー、高校バレーボール等々。沢山ありますね。

 

レギュラーになれないからと悲観する必要は全く無いと言っても

過言ではありません。

好きなスポーツを楽しんで、友達を作り、人生に役立てて欲しい。

大好きなスポーツ、又、スポーツでは無い文科系のクラブでも3年間、

あるいは6年間続けたと言う自信は、その人に辛い事があった時、

人生を投げ出さずに耐える強さになります。

精神鍛錬の場であると言っていいでしょう。

もう一度、スポーツの在り方を考えてみては如何でしょうか?

 

最後に読んで欲しい記事を載せておきます。

一読の価値ありです。

 

人の心に灯をともす

レギュラーになれなかった人たちに

https://ameblo.jp/hiroo117/entry-10529070687.html

 

レギュラーになれなかった選手だけの引退試合。泣かされます。

これが本当の部活ではないでしょうか?

こういう先生が増える事を願っています。

 

タイトルとURLをコピーしました