「フェルトでボンボンリボン作りたい!ハンドメイドでもできる?」

生活

スポンサードリンク



 

ずーっとやってみたかったのが、フェルトでヘアアクセを作ること!

 

ネットもYouTubeもずーっと観てましたが、なっかなかやる気が起きない…。

 

フェルトのお花とかかわいいけど、うーん…。

 

私に作れるのか?!

 

 

たまたま妹がフェルトでヘアアクセを友達と作ったと話を聞いて、

写メを見せてもらい、ようやくふつふつとやる気がわいてきましたー。

 

 

このやる気を逃すまい!

 

今作って、ぜひ冬のあいだにいっぱい子どもにつけてやりたいぞ!

 

どんな色にしようか悩みに悩みましたが、

 

今回は冬に合わせてホワイトとグレーで雪玉みたいなヘアアクセを作ってみます!

 

 

「フェルトのヘアアクセで冬コーデを楽しみたい!」

 

フェルトってそれだけでやわらかい雰囲気になってかわいいですよねー。

 

今回準備したものは…。

 

・フェルト2色

・針、糸、ハサミ

・ヘアゴム

 

 

あると便利だと思ったのは、

グルーガンや布用接着剤!

 

私はなしでいきましたが、あればもっとしっかりくっつけられると思います。

 

じゃあ早速作っていきますー。

 

 

スポンサーリンク

「フェルトボンボンの作り方は?」

 

1.今回、2色混ぜて作ります!

 

直径5センチくらいの円にフェルトをカット。

 

5枚ずつ、全部で10枚同じカタチに切りました。

 

 

 

2.真ん中から半分に折って…。

 

色を交互にしながら、下側の真ん中を針で刺して糸を通します。

 

 

 

3.全部糸を通したら、こんなイモムシみたいな感じになりましたー。

 

 

 

4.真ん中だけだと頼りないので…。

 

今度は少し右側を糸を通していきます。

 

 

 

5.一気に10枚通さずに、少しずつやるとやりやすいですよー。

 

真ん中から少し左側も同じようにしてください。

 

全部で3回、糸を通すことになります。

 

 

 

6.半分に折ったフェルトを広げながら、全体を整えます。

 

 

 

7.ヘアゴムは先に輪っかにしておきます。

 

 

 

8.結び目が隠れるように、フェルトにはさみます。

 

 

 

9.ヘアゴムが取れないように、細かめになみ縫いをして留めました。

 

 

 

10.丸くカタチを整えて、完成です!

 

 

 

スポンサーリンク

「しっかり留めたいなら、グルーガンがおすすめ!」

 

最後にヘアゴムを留めるとき、細かくなみ縫いで留めましたが…。

 

やっぱりちょーっと頼りない…かも?

 

まだ毛束が少ない子どもの髪くらいなら結べました。

 

もっと丈夫に作るなら、ヘアゴムをグルーガンや接着剤でつけてから、

なみ縫いすればいいと思います!

 

子どももヘアアクセがジャマなら引っ張っちゃいますよね。

 

布用接着剤はあると便利だなーと思いました。

 

 

スポンサーリンク

「フェルトボンボンの作り方まとめ」

 

今回は、余った色のホワイトとグレーの2色で作ってみましたー。

 

結果的に、雪玉みたいになって気に入っています。

 

フェルトの色を変えたら、ぜんぜんちがう雰囲気になりますよねー。

 

いろんな色のフェルトで作ると楽しそう!

 

もちろん1色でもいいし、カラフルにしたいなら

3色でもいいかも?!

 

子どもに選んでもらって作ると楽しそうですねー。

タイトルとURLをコピーしました