超おすすめ!カブトムシの幼虫にはダイソーの腐葉土が最適なワケ!

季節

スポンサードリンク



 

 

カブトムシの幼虫の飼育には、良い腐葉土を使う事が大切です。

ダイソーの腐葉土が最適だって本当でしょうか?

 

ダイソーの腐葉土及び、おすすめの幼虫用の腐葉土をお伝えします。

 

【失敗知らず?!カブトムシの幼虫の生育におすすめ「ダイソーのくぬぎ伝説」】

 

 

カブトムシを幼虫から育てたい。

でもどんな土(マット)が良いか迷っている人多いですよね。

HPではケースからマット、エサ、朽ち木までセットのものも

手頃な値段で売っています。

 

でも100均にも昆虫マットが売っているのをご存知でしょうか?

100均だからと言って、粗悪な商品だとは限りません。

品質の良い昆虫マット、腐葉土も売っているようです。

ただ、中には販売している間に虫が入ってしまい、

コバエがわいたりと、カブトムシの幼虫以外の虫の卵まで

育ってしまうものもあるようです。

では、100均の昆虫マット、腐葉土をどうやって成虫まで育てられる

ようにするか、そのポイントを考えましょう。

 

スポンサーリンク

・  知る人ぞ知る「ダイソーのくぬぎ伝説とは?

 

カブトムシブリーダーの間で評判の「ダイソーのくぬぎ伝説」

その名の通り、くぬぎとならの木だけで出来た腐葉土です。

高品質なマットで栄養価も高く、幼虫にとってはご馳走だと言えるでしょう。

 

しかしながら、完全にダニの発生を防ぐことが出来るわけではないので、

防ダニ対策を取る必要があります。

 

腐葉土は買ったら天日に干してガス抜きをする事。

ヤナギやくぬぎの朽ち木を入れて使って下さい。

防ダニや消臭剤を適量マットに入れて置くと

ダニの発生と消臭に役に立ちます。

 

コバエ除けのシートなどは、ケースとフタに挟んで使いましょう。

 

使用した人の口コミによると、ダニが発生したり、

虫が最初から湧いていたりして使えなかったという人。

反対にちゃんと成虫になりましたとの報告もあります。

 

ただ、カブトムシをちゃんと育てたいのなら、

100均のものよりも、カブトムシ専用のマットの方が安心だと思います。

 https://gohan-hg.com/1279.html

スポンサーリンク

【ダイソーだけじゃない?!おすすめのカブトムシの幼虫用の腐葉土3選!】

 

  カブトムシの幼虫用の腐葉土のおすすめを3つ紹介しましょう。

 

カブトムシ用の腐葉土は、カブトムシの命を奪う可能性のある針葉樹以外、

広葉樹で出来ており、殺虫剤が含まれてい無いものを選びましょう。

 

カブトムシを屋外で採集する場合、カブトムシがいた周辺の土を

持ち帰るのが一番です。

人工的に作られたものではないので安心です。

又、近所の砂場の土なども殺虫剤が撒かれている場合があります。

手頃に使えるのですが、カブトムシが弱ってしまうので用心しましょうね。

 

オススメベスト3

1腐葉土40L 信州産落ち葉100%(販)光伸製瓦有限会社3680

会社名の通り、瓦、屋根工事を主に行っている会社なのですが、

腐葉土の販売も扱っています。

広葉樹100%(クヌギ、ナラ、カシ)、国産天然熟成に拘っています。

少々お値段が張りますが、使って見る価値はありそうですね。

 

その工程もかなり拘られています。

集めた広葉樹の落ち葉を集め、発熱した落ち葉を取り出し、65℃から70℃の

発酵温度で攪拌することを10回繰り返します。(会社HPより)

それを粉砕してから攪拌した後に袋詰めにして出荷し、店頭に並びます。

 

この手間を考えるとこの値段も解るように思えますね。

 

 

2、手づくり腐葉土 細粒20L (販)あかぎ園芸 480円(送料別)

 

園芸をする方なら聞いたことがある名前の会社です。

園芸業界で長く腐葉土の生産に携わっています。

こちらも広葉樹100%に拘って作られています。

口コミによると、こちらの商品の粒はふるいにかけられているため、

大変細粒です。

その為、自分でふるいに通す必要も無く、購入したら直ぐに

使う事が出来ます。

 

便利でリピーターも多い商品です。

 

3、オーロラ腐葉土25L () アースコンシャス 2592

 

チークの落ち葉と樹皮を自然界そのもののような自然発酵した

腐葉土に仕上げています。

 

子の腐葉土はインドネシア産のチークを使用した商品です。

インドネシア産のチークは、国産のチークの葉よりも、葉通気性や

排水性・保水性が高いそうです。

得に日本産に拘る必要は無いのですね。

輸入する際も殺虫処理はしていないので、亡くなってしまう心配もなく

安心して使えます。

 

カブトムシの飼育は子供がする事が多い物です。

こちらの会社では子供が触っても安心な腐葉土を作る事をモットーとされています。安心ですよね。

 

腐葉土を選ぶ際のポイントは、広葉樹100%で作られているもの。

使う際には天日干しをしてガス抜きをする事です。

 

 

スポンサーリンク

【まとめ】

カブトムシの飼育のポイントは土にあります。

ダイソーのマットも良いとは思うのですが、

飼育に慣れていない人には、コバエなどのカブトムシ以外の

虫の発生に手を焼くかもしれません。

 

初心者にはカブトムシ飼育に必要な、カブトムシ、ケース、マット

朽ち木、切り株などがセットになったものが売っていますので

それを利用するのも1つの方法です。

 

マットの水分に注意し、コバエ侵入防止シートなどを利用して

虫の発生を防ぎましょう。

そして、食べ残しの餌のゼリーやフンなどで、

マットは常に汚れますので、こまめにキレイにしましょう。

 

長期休暇の自由研究に是非カブトムシ飼育に親子で取り込んで下さいね!!

 

 

タイトルとURLをコピーしました