人参の保存方法、長持ちさせる秘訣とは?

家事

スポンサードリンク




 

 

 

 

人参はばら売りや3本セットで買う方が多いと思います。

使い切れずに無駄にすることはありませんか?

余った人参の保存方法に困っているあなたに

取っておきの方法をお伝えします。

 

【人参の保存方法】

 

人参は加熱すると甘味がでて美味しくなりますよね。

カレーやシチュー類、煮物、鍋、汁物の具材として重宝されます、

人によってはケーキなどの手作り菓子の材料に使われますし

フレッシュジュースの材料にも利用されます。

輪切りや短冊切りにしたものをバターでグラッセにしても美味です。

応用が利く人参は苦手な人もいるかもしれませんが、栄養価満点なので

いつも冷蔵庫に常備しておきたい野菜です。

しかし買って来てそのままにしておくと汗をかき、傷んできます。

 

人参は湿気に弱い反面、また汗をかかせると味も落ちてしまいます。

新聞紙に包んで野菜室に立てていれる方法がありますが、

新聞紙に抵抗のある方はそのままラップに包んで保存したり、

キッチンペーパーで包んで保存する方法があります。

ポイントは人参が入っていた袋から出す事です。

 

スポンサーリンク

【冷凍するには】

 

冷凍食品を見ますと、レンコンやタケノコと一緒に和野菜ミックスとして

良く売られています。

つまり人参は冷凍することが可能なのですよね。

 

でも人参はメーカーによっては煮物にすると独特の味、食感があります。

人参を上手く冷凍するにはどうしたらいいのでしょうか?

 

筑前煮が余った時に私は、冷凍してみました。

するとどうでしょう。もう一度煮ると味に変化はありませんでした。

一度火に通してから冷凍する。それも1つの方法です。

 

次に人参をすりおろしてから冷凍すると、解凍して大根おろしと合わせて

鍋などの薬味にもお使いになれます。

 

・人参の切り方

 

買ってきたら冷蔵庫にしまう前に、直ぐに必要な大きさに切りましょう。

乱切り、千切り、輪切り、短冊ぎり、スライサーで千切りやリボン切りにします。

そのまま冷凍してもいいのですが、私はさっとお湯に通したり、

レンジで加熱しておきます。

何故なら、人参はそのまま冷凍すると、独特の食感になり、美味しいとは思えません。

冷凍するなら加熱してからがベストです。

 

冷めてから保存袋などに入れて、しっかり空気を抜いてから冷凍庫に

入れて下さい。

人参のすりおろしは、手作り菓子に混ぜたり、赤ちゃんがいる方なら

離乳食としても使えて便利だと思います。

 

その他、生のまま保存するなら、みじん切りもいいですね。

スピードカッターと用いてペースト状にしても料理に役に立ちます。

 

人参の葉っぱごと売っているのを見る事はありませんが、

実は葉っぱには栄養がたっぷり含まれています。

葉っぱを見かけたら、即買っておきましょう。葉っぱをみじん切りに

して冷凍しておくのがお薦めです。

味噌汁の薬味にしたり、チャーハンの具にも出来ます。

人参の葉っぱを捨てるなんて勿体ないことはしないで下さいね。

 

スポンサーリンク

【料理するときは】

 

解凍すると、どうしてもしなびた感じになってしまいます。

料理をするときは、冷凍のままお使いになって下さい。

煮物やお鍋にも利用出来ます。

 

【まとめ】

 

手頃な値段でバーゲンの対象になることの多い人参。

しかし使い切る事が出来ないで無駄にしてしまうことも多いでしょう。

傷ませないための方法を紹介して来ました。

人参はカロテンが豊富でビタミンCも含まれています。

風邪予防、免疫力の向上、がん予防、血圧の改善などにも効果があります。

鉄分と一緒に摂取すると貧血予防にもなります。

老若男女問わず食べて頂きたい野菜です。

 

冷凍のコツは「加熱する」ことだと言えます。

その方が味が落ちませんし、長持ちします。

あなたのアイデアで栄養価満点の人参をたっぷり召し上がって

あなたと家族を健康に導いて下さいね!!

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました