「フェルトで作ってみた!我が子大好きキャラのてのひら人形!」

スポンサーリンク
スポンサーリンク
>
生活

 

子どものお気に入りの人形がある。

 

それって、とってもステキなことだと思うんですよねー。

 

我が子はまったく人形には興味がなく…。

 

やっとお気に入りの人形を見つけたようで…。

 

それが、1歳のお誕生日にもらった、うーたんの人形なんです!

 

が!

 

めっちゃでかい!

 

いや、でかすぎる!

 

枕とほぼいっしょの大きさ!

 

どこへでも連れて行きたがるけど、さすがに子ども抱っこして、でっかいうーたんまでは抱っこできない!

 

いや、人形はかわいいんですよ!とっても!

 

じいじばあばの愛が詰まったでっかさ!

 

私にはそんなの買ってくれたこともないのに〜(笑)

 

「もし人形がてのひらサイズだったら…」

 

ポッケにも入れられるし、どこでも持ってけるじゃん!

 

無謀にも、マスコット作りに挑戦しますよ!

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「うーたんといつもいっしょにいたい我が子」

 

ポッケにも入れられる人形だと、こっちもラク。

 

そうだ!マスコットだ!

 

なんでフェルトの存在を今まで忘れてたんだろう〜。

 

縫いやすいし、切りやすい。

素晴らしい生地なのに!

 

今回はぜんぶ100均で揃いました!

 

準備したものは…

 

・フェルト(黄色、オレンジ)

・針と糸

・綿

・厚紙、ボールペン、はさみ

 

 

 

夢のような縫い糸セットも、100均です!

 

フェルトでマスコット作りも、小学5年以来!

 

さて、うまくできるのか?!

 

 

「キャラクターてのひら人形の作り方は?」

 

1.厚紙に作りたいキャラクターのシルエットをざっくり描きます。

 

あとでわかりますが、顔が身体より大きめのほうが愛らしいんです!

 

 

 

2.耳、顔、身体、手、足にパーツをばらばらに切ります。

 

 

 

3.全部のパーツは、2枚ずつフェルトを切り取ります。

 

顔、手足は黄色。

耳、身体はオレンジです!

 

 

 

4.耳の模様の刺繍をしました!

 

白と黄色で交互で「✳︎」マークを。

上下を緑のラインで刺繍します。

 

め、めちゃ細かい…。

 

 

 

5.耳と手足を先に縫い合わせましたー。

 

ホントは綿を入れたかったんですが…。

 

パーツが小さすぎて入らず…。

くそぅ。

 

 

 

6.顔と身体のパーツを合わせてバランスを見ながら…。

 

ボタンの下書きをペンでしました!

 

 

 

7.ボタンの刺繍です!

 

刺繍糸を使うともっとキレイにできたかも…?

 

ミシン糸を二重でしたので、ペンの跡が見えちゃいました…。

 

 

8.またまたバランスを見ながら、今度は顔の刺繍の下書きです。

 

ちょ、ちょっと下すぎたかな…(汗)

 

 

9.なんとか刺繍できましたー!

 

左目の、白目が小さいほうがかわいく見えます。

 

 

 

10.手足を挟んで身体を縫い合わせます。

 

綿を多めにぎゅっと詰めました!

 

 

 

11.耳を挟んで顔も縫い合わせました。

 

こっちも綿を多めに詰めました。

 

が…!な、なんだかほっぺがほっそりしてる?!

 

 

 

12.身体と顔をくっつけたら、なんとか完成です!

 

なんだかバランスが悪い…。

 

やっぱり顔が下すぎた?!

 

 

 

「扱いやすいフェルト!でも絵心が重要?!」

 

なんとか完成できたうーたん。

 

フェルトは切りやすいし、柔らかくて縫いやすい!

 

ただ、やっぱりキャラクターを作るには、

絵心とバランスが大事かも…。

 

手足にも綿をつめるつもりで作りましたが…。

 

結局綿を詰められなかったので、手足のフェルトは1枚ずつでよかったなー。

 

 

それでも我が子に

「これ、だれー?」と見せてみると…。

 

「……うーたん!」

 

よかった!

 

バランス悪いけど、なんとかわかったみたい!

 

 

「キャラクターてのひら人形の作り方まとめ」

 

今回、耳の模様、服のボタン、顔。

 

刺繍をたくさんしました。

 

結構大変、むずかしい!

 

もっとYouTubeとかでやり方観ればよかったーと、ちょっと後悔…。

 

やっぱり刺繍糸のほうが太いので、しっかりキレイにできると思います。

 

 

不格好ではありますが…。

 

それでもできたら達成感!

 

我が子はそこまでお気に入りじゃないんですが…(笑)

 

代わりに自分で思い出にとっとこう。

 

うーたんは育児を手伝ってくれた同士だ!

 

 

ちょっと味があるマスコットが、またかわいくてよしにしましょう!

 

またリベンジしたいと思います!

タイトルとURLをコピーしました