折り紙でイルカを簡単に作る方法を図解入りで解説します!

育児

スポンサードリンク



お子さんとのお出かけの思い出は大切にしたいですよね。

写真やムービーを撮る、手元に残るお土産を買うなどして思い出を形に残すことが多いです。

これからは、お家に帰ってからも思い出づくりをしませんか?

今回は、水族館の思い出づくりにぴったり!「折り紙でイルカを作る方法」をご紹介いたします。

準備をしよう!

用意するもの

・折り紙1枚
・ペン(お好みで)
・のり(お好みで)

折り紙の大きさや色は問いません。
大きいサイズの折り紙と小さいサイズの折り紙とで親子にするのもオススメです。

それでは早速作っていきましょう!

イルカの折り紙を簡単に解説!!

1.折り紙を1枚用意します。

2.色のついた面を外側にして一度三角形に折ります。

3.開き、中央の線に合わせて写真のように折ります。

4.もう一方も同様に中央の線に合わせて折ります。

5.裏返しにします。

6.鋭いほうの角をもう一方の角に合わせて半分に折ります。

7.表に返します。

8.写真のように袋になっている部分を開き、中央の線に合わせて三角形をつくります。

9.もう一方も同様に袋部分を開き、中央の線に合わせて三角形をつくります。

写真2枚めのような形になりましたか?

10.端を持ち、開いてひし形にします。

このとき、裏面のひだ部分は左側にたおしておきます。

11.ひし形の左の角を中央の線まで折ります。

12.写真のように二度折り返します。

13.折った部分を内側にして半分に折ります。

14.ひだになっている三角形を中央の線に合わせて折り、ひれをつくります。

15.裏面も同様にしてひれをつくります。

16.折っていないほうの端を写真のように二度折り、尾をつくります。

17.鼻先と頭の角を内側へと少し折ります。

18.お好みで目を描きます。

スポンサーリンク

折り紙イルカは意外と立体的に仕上がります!!

身体の開きが気になる場合は、のりづけをして完成です。
尾の向きは折る方向で変えることもできます。

思い出を自分の手で残そう!

お出かけの思い出は出かけている最中はもちろんですが、お家に帰ってきてからもつくれます。

お子さんが自分で折り紙を折ることで、より記憶に残りますね!
折った作品をスケッチブックなどに貼り、折り紙アルバムを作るのも素敵です。
日付と行った場所、ちょっとしたエピソードをかけば立派なアルバムです!

スポンサーリンク

まとめ

今回は折り紙でイルカを作る方法をご紹介いたしました。

これからはひと味違う思い出づくりをしてみませんか?
お子さんが大きくなってから見返しても、楽しいですよ!

水族館の人気者、イルカをお子さんと一緒に作ってみてくださいね!

タイトルとURLをコピーしました