カブトムシの蛹の時でも動くって本当!その理由とは!?

季節

スポンサードリンク



 

 

 

の昆虫、といえばカブトムシが人気ですね。

その理由として身近にいる昆虫であることが考えられます。

都会に住んでいても、ちょっと遠出してクヌギのある雑木林に行けば昆虫採集が楽しめます。

近くの公園などでも雑木林があれば、手軽に昆虫採集ができそうです。

 

https://www.photo-ac.com/main/detail/1145465?title=%E3%82%AB%E3%83%96%E3%83%88%E3%83%A0%E3%82%B7%E3%81%A8%E3%82%B9%E3%82%A4%E3%82%AB

 

78月になるとカブトムシが大好物であるクヌギやコナラが樹液を出し、カブトムシが集まってきます。

昼間にどのあたりにカブトムシが来そうか、当たりをつけておいて、夜間に採集するとよいでしょう。

その場合、スズメバチや蛇など他の生き物から、身を守る服装や行動をしていきましょう!

 

○カブトムシが蛹室を作る時期は決まっている?

 

 

 

採集できたカブトムシの卵、幼虫、や成虫を自宅で飼育をしてみませんか?

カブトムシへの興味がさらに深まって、素晴らしい体験が期待できそうです。

 

カブトムシの一生は約1年です。ヘラクレスオオカブトなど大型のカブトムシや海外のカブトムシは23年かかるものもあります。

国産のカブトムシだと約1年で羽化します。

8月に産卵された卵は幼虫となり成長し、翌年の6月には蛹となります。蛹は1ヶ月で羽化し羽化後は大体10日間ほどで野外へと飛び立ちます。それから、すぐに交尾をして産卵する。そのサイクルでカブトムシは世代交代をする昆虫です。

1年間でカブトムシも変態のプロセスを目の当たりにすると、生命の不思議を実感できることでしょう。

 

https://www.photo-ac.com/main/search?q=%E3%82%AB%E3%83%96%E3%83%88%E3%83%A0%E3%82%B7&qt=&qid=&creator=&ngcreator=&nq=&srt=dlrank&orientation=all&sizesec=all&mdlrlrsec=all&sl=ja&pp=70&p=1

 

スポンサーリンク

○飼育方法のポイントと大まかな流れ

 

用意するものは、大きめの容器、カブトムシマット、止まり木、昆虫ゼリーなどのエサ。

カブトムシマットってわかりますか?発酵マットとも、いろんな言われ方があります。

このマットの正体は腐葉土です。

腐葉土とは、園芸ショップや昆虫ショップに売っています。枯れ葉や朽ち木などが集まってミミズや微生物などに分解されてできた土に似たものです。

カブトムシが生きていく上でとても大切な栄養源であり、成長する場所となります。

ほどよい水分とほどよい暖かさがカブトムシを守るんでしょう。

お花を植えるときにも、土に混ぜておくとお花の成長を助けてくれますよ。

 

その腐葉土をカブトムシマットとして使っていきます。

 

https://www.photo-ac.com/main/search?q=%E3%82%AB%E3%83%96%E3%83%88%E3%83%A0%E3%82%B7&qt=&qid=&creator=&ngcreator=&nq=&srt=dlrank&orientation=all&sizesec=all&mdlrlrsec=all&sl=ja&pp=70&p=2

 

 

大きめの容器にカブトムシマットを敷き、その上に幼虫を乗せます。多頭にしておくと死亡率が低いです。

幼虫と成虫ではカブトムシマットの種類が違うので、気をつけましょう。幼虫の方が栄養価の高いマットが適しています。

 

場所は日の当たらない場所静かなと場所が好ましいですが、大抵は玄関の下駄箱の上が多いですね。毎日観察ができるし、忘れないからそっとしてあげれば、いいのかもしれません。

必要以上に容器や幼虫たちに刺激を与えないようにしていきましょう。

 

エサ(腐葉土)の交換は糞が目立ってきたなあと感じたらでいいです、大体9月か3月頃が目安です。

5月になると、蛹室を作るようになるので、それまでにはエサの交換をしてあげましょう。

すべて一気に変えるとマットのガズなどで幼虫が死んでしまうこともあるようです。半分づつ変えるといいですが、飼育数などによるので丁寧に扱うようにしましょう。

 

幼虫を飼育し始めて、9ヶ月後くらいに、前蛹になり容器の側面あたりに蛹室を作るようになります。

このころは、まだモゾモゾって動く姿も見られます。後蛹は動きが無くじっとしています。

この時期のカブトムシの変態の過程は、丸っこい幼虫からカブトムシに近くなってきますので

ワクワクしてきます。角が見えてきて、色も茶色になってきます。

 

スポンサーリンク

○カブトムシの人工蛹室が失敗に終わる場合って?

 

蛹室は幼虫が自分で作りますが、人工蛹室で手伝ってやることも可能です。

トイレットペーパーなどに半分に切って、一頭ずつ入れてやります。

そのときに、あまり触りすぎたり、落としたりすると死んでしまうこともありますので

慎重に行ってください。

 

 

 

 

https://www.photo-ac.com/main/search?q=%E3%82%AB%E3%83%96%E3%83%88%E3%83%A0%E3%82%B7&qt=&qid=&creator=&ngcreator=&nq=&srt=dlrank&orientation=all&sizesec=all&mdlrlrsec=all&sl=ja&pp=70&p=5

 

 

しっかりと成虫になったカブトムシはスイカや熟したバナナを与えてあげると、一生懸命食べる姿が

観察できます。

手にも乗るようになるけど、意思の疎通はできないようです・・・。

 

飼育したカブトムシが自然死してしまったら、それを標本として残す方法もあります。

いろんなタイプのカブトムシを標本として記録しておくのは、カブトムシコレクターと呼ばれ

多くのコレクターがいます。

カブトムシに関連する、イベントもあってそこで情報交換や、標本の交換も行うとまた楽しみが広がりますね。

それぞれのカブトムシの木登り競争といったイベント開催をしている地域もあるので、出かけてみるといいでしょう。

 

同じように見えて自分のカブトムシは一番かっこいいと、思うのではないでしょうか?

 

カブトムシをきっかけに世界が広がっていきますね。

https://www.photo-ac.com/main/search?q=%E3%82%AB%E3%83%96%E3%83%88%E3%83%A0%E3%82%B7&qt=&qid=&creator=&ngcreator=&nq=&srt=dlrank&orientation=all&sizesec=all&mdlrlrsec=all&sl=ja&pp=70&p=5

 

スポンサーリンク

意外と知らない?カブトムシ幼虫から蛹になるまでの飼育方法とは?

 

夏の昆虫を代表するカブトムシ!大人から子供まで大人気の昆虫です。

その人気の秘密とは一体どこにあるのでしょうか?

 

https://pixabay.com/ja/photos/熱帯カブトムシカブトムシ-195887/

 

 

カブトムシと一緒に人気な昆虫にクワガタがいますね!!カブトムシはクワガタと比べると飼育が簡単で

そこも人気の秘密かもしれませんね。

 

スポンサーリンク

○カブトムシの幼虫から蛹になるのはどれくらいの時間がかかるの?

 

カブトムシは幼虫から成虫になるまで飼育を楽しむことができます。

カブトムシは幼虫から成虫になるまで変態を数回行います。

柔らかい幼虫から、固い鎧をつけた成虫への過程は昆虫の範囲を超えて、生命の神秘を感じますね。

そのステップをご紹介しましょう。

    

     幼虫

    

     成虫

カブトムシは8月の交尾時期が終わると、産卵したら成虫は死んでしまいます。カブトムシの一生は13年で種類によって異なります。

 

飼育方法はどうしたいいのでしょうか?

 

https://www.photo-ac.com/main/detail/2619100?title=%E4%BA%BA%E7%89%A9%20%E7%94%9F%E3%81%8D%E7%89%A9%20%E8%A1%8C%E4%BA%8B%20%E3%83%BC%20%E5%A4%8F%E4%BC%91%E3%81%BF%E3%81%AB%E6%98%86%E8%99%AB%E3%82%92%E8%A6%B3%E5%AF%9F%E3%81%99%E3%82%8B%E7%94%B7%E3%81%AE%E5%AD%90%20%E5%AD%90%E3%81%A9%E3%82%82

 

 

まずは幼虫を手に入れます。森などに行って、朽ちた木などの下に幼虫がいますので採集するのもいいでしょう。その場合、蛇や虫などに気をつけましょう。

近所の幼稚園では幼虫を配布してそれぞれのお家で育てるという教育をやっていました。あとはペットショップなどで見つけましょう。

 

幼虫を手に入れたら、育てる場所を作ります。

 

用意するものは大きめの容器、産卵マットという腐葉土、エサ、止まり木。

エサは昆虫ゼリーは熟したバナナがよいです。バナナは小バエなどに気をつけましょう。

容器に産卵マットを敷きつめます。お水を加えて湿らせましょう。その上にエサと止まり木を置きます。

幼虫は一頭一頭小分けにするのもいいですが、一頭飼育は大きなカブトムシに適しています。

国産のカブトムシであれば、多頭飼育の方が死亡率が低いそうです。

 

幼虫をいれたケースは日の当たらない場所に保管しましょう。

必要なとき以外は触らないように、そっとしておきましょう。

エサの交換を行いますが、9月と3月頃に行うといいです、糞が目立ってきたら交換の合図です。

飼育容器内の糞を中心にして、半分を入れ替えます。一度に全部入れ替えるとマットの出すガスで

幼虫が死んでしまったり、新しいエサになれず体調を崩す時もあります。

 

https://www.photo-ac.com/main/detail/1078271?title=%E3%82%AB%E3%83%96%E3%83%88%E3%83%A0%E3%82%B7

 

 

5月に入ると蛹室を作り出しますので、それまでにエサの交換をしておきましょう。

 

幼虫から約9ヶ月で蛹室を作り成虫へと成長します。種類によって成長時間は異なります。

 

友人で大型のカブトムシの幼虫をもらった人がいて、2年で成虫になるからそれまで暗い場所に

保管してと昆虫ショップの人に言われて、そのまま地下室に置いといて、忘れた頃に見に行ったら

成虫になっていたそうです。でもエサをあげてなかったら、死んでしまったそうです。

なんとも、悲しくもったいないお話ですね。

 

カブトムシの飼育は時間かかることなので、忘れがちになるかもしれません。

腐葉土とエサの管理をしっかりして、そっとカブトムシの成長を見守りましょう。

 

 

スポンサーリンク

○カブトムシの幼虫が蛹になったのに動かないのはどうして?

 

カブトムシは蛹になったはじめの頃は、幼虫に近いのでモゾモゾって動きが見られます。

でも蛹の中盤にさしかかると、身体の変態が進むので動かなくなる時期があります。(死んでしまった場合もありますが)

その後、後期になるとさらに身体の変態が進みますので、再びモゾモゾって動くようになります。

蛹の時期は触らない事が大切なので、じっと見守りましょう。

 

○超大型カブトムシの世界

 

https://pixabay.com/ja/photos/バグホーンサイユニコーン-2744652/

 

世界的に見て、カブトムシの王者はヘラクレスオオカブトでしょう。

体長では断トツ、長く勇ましい角は見とれてしまいますね。

ドミニカ島、中央アメリカ、南アメリカ中南部、グアドループ島に多く生息しています。

蛹から羽化まで2年かかります。

 

私が個人的に好きなカブトムシは、ネプチューンオオカブトです。

前進、漆黒で丸みと堅さを帯びた体型と、ピンと伸びた角は厳かな勇ましさを感じます。

アンデス山脈のふもと、ベネズエラ、コロンビア、エクアドルに生息しています。

 

他にも、超大型カブトムシには、

コーカサスオオカブト

アクティオンゾウカブト

エレファスゾウカブト

ヘラクレスオオカブト

などがあげられます。

 

どれも海外のカブトムシですが、その姿形はそれぞれが変わっていて見るものを魅了します。

しかし、国産のカブトムシも世界一かっこいいと、愛好家から絶賛する声もよくききますので

いろんなカブトムシの飼育にチャレンジしてみると、楽しいでしょう。

 

カブトムシは生き物です、その生態を勉強してしっかり育ててあげましょう!

 

https://www.photo-ac.com/main/detail/1833211?title=%E3%81%8B%E3%81%B6%E3%81%A8%E3%82%80%E3%81%97

 

カブトムシが蛹室を作らない理由を徹底解説!

 

小さな子供ころカブトムシを育てた人、森へ採集に行った思い出のある人、今年もカブトムシを飼育してみませんか?

カブトムシの成長に合わせて、変態していく様子は、長い時間ではあるけど、とても神秘的ですね。

 

カブトムシは昆虫界の人気ものです。カブトムシは世界中に生息していますが日本では特に人気ですね。

カブトムシの知られざる世界へ 踏み込んでみましょう!

 

https://www.photo-ac.com/main/search?q=%E3%82%AB%E3%83%96%E3%83%88%E3%83%A0%E3%82%B7&qt=&qid=&creator=&ngcreator=&nq=&srt=dlrank&orientation=all&sizesec=all&mdlrlrsec=all&sl=ja

 

 

○カブトムシの身体って堅い!

 

ちょっとだけ、堅いお話しします。

 

カブトムシは、哺乳類である人間とは全く別物の身体をしています。

それは骨格の違いにあって、哺乳類、鳥類、は虫類、魚類などの多くは骨が内側にある

「内骨格」という形態の生き物です。

 

カブトムシなどの甲虫や、エビ、蟹などの甲殻類は「外骨格」の形態を持つ生き物です。

外骨格とは全身を堅い甲羅状の骨格で覆われていることです。外骨格の利点は、内骨格よりも強い力を出せることです。

カブトムシに挟まれたことありますか?あんなに小さな身体なのに、ものすごい力ではさまれますよね。

カブトムシの身体の特徴を知っておくと、観察も楽しくなっていくでしょう。

 

 

○カブトムシが蛹室を作る時期は決まっている?

 

カブトムシの飼育には、幼虫を買ってくる、成虫を採集して産卵した幼虫を育てるなどいろいろは

方法があります。

いずれかの方法で幼虫、または成虫を手に入れましょう。

 

★カブトムシの住む場所を作ります。

大きめな容器・・・クリアボックスなど半透明な素材がいいでしょう。

カブトムシマット・・・腐葉土をたくさん用意します。広葉樹がおすすめです。

エサと止まり木・・・エサは腐葉土。止まり木は小さな切り株など。

 

https://www.photo-ac.com/main/search?q=%E3%82%AB%E3%83%96%E3%83%88%E3%83%A0%E3%82%B7&qt=&qid=&creator=&ngcreator=&nq=&srt=dlrank&orientation=all&sizesec=all&mdlrlrsec=all&sl=ja

 

 

★カブトムシの住む場所で注意すること

カブトムシマットを乾燥させないように注意しましょう

冬の間はできるだけ暖かな場所に置いてあげましょう

糞が目立ってきたら、取り出し、新しいエサをあげましょう。

この間にも、幼虫はどんどん大きくなっていきますので大きさを記録するとよいですよ。

 

★幼虫から飼育する方法と、成虫のオス・メスで交尾させて飼育する方法もあります。

交尾は終わっているメスであれば、メスだけでも産卵をします。産卵後は成虫は死んでしまいます。

 

腐葉土の下に白い楕円形があれは、それがカブトムシの卵です。

水分を吸収しなら成長し、20日ほどで小さな幼虫が現れます。手のひらに真ん中にぽつんと

小さく乗る感じです。

 

幼虫は腐葉土を食べて、春になって暖かくなると、腐葉土の上に出てきます。春の合図にもなりますね。

 

56月頃、育った幼虫は蛹になるために、個別の部屋「蛹室」を作り出します。その頃までに

腐葉土の交換は済ましておきましょう。蛹を刺激しないためです。

 

https://www.photo-ac.com/main/detail/2551277?title=%E3%82%AB%E3%83%96%E3%83%88%E3%83%A0%E3%82%B7

 

 

蛹室の中では、約30日間ほど羽化するのを待ってどんどん成長していきます。その蛹の姿は

幼虫時代とも、成虫時代とも想像がつかない、自然の幅広さを感じます。

どういったDNAが入っているのか、本当に見ていて飽きません。

この頃、注意することは、カブトムシを刺激しないこと。そっと成長を見守りましょう

 

羽化をしたカブトムシは、710日ほどで外にでて活動開始します。

 

カブトムシの一生は1年もありません。卵から成虫になって、また卵を産んで死んでいく。

クワガタに比べると、短い一生を、静かにその誕生と死を繰り返していきます。

 

○カブトムシの人工蛹室が失敗に終わる場合って?

 

蛹室はカブトムシ自身で作っていきますが、人間がトイレットペーパーなどで人工的に蛹室を作ることもできます。

一度にたくさんの幼虫を飼育すると狭すぎて、自分で蛹室が作れなくなる場合もあるようです。

そのまま腐葉土の上に向き出しで出てきます。

そういった時に、トイレットペーパーの芯を半分に切っておきます。

紙コップなどにキッチンペーパーを湿らし底に敷きます。トイレットペーパーの芯を紙コップに入れて

カブトムシを入れてあげます。

これは国産のカブトムシでないと難しいです。というのも国産のカブトムシは蛹室を縦に掘るりますが

海外のカブトムシは横に掘ります。

数日すると、いろんな殻が抜け出て、身体が見えてきます。

 

人工蛹室で、注意したいことは

・キッチンペーパーを湿らせ過ぎない。湿気がありすぎても羽化ができないようです。

・あまり蛹をさわらない。移動は、ささっとやりましょう。

他にも生き物なのでいろんな条件が合わなくて死んでしまうケースもあるかと思いますので

慎重に行いましょう。

 

カブトムシの一生は約1年です。その大切なひとときにそっと寄り添えるように

カブトムシの飼育を楽しんでください!

 

https://www.photo-ac.com/main/detail/2638472?title=%E7%94%9F%E3%81%8D%E7%89%A9%20%E5%AD%90%E3%81%A9%E3%82%82%20%E4%BA%BA%E7%89%A9%20%E3%83%BC%20%E3%82%AB%E3%83%96%E3%83%88%E3%83%A0%E3%82%B7%E3%82%92%E6%8D%95%E3%81%BE%E3%81%88%E3%81%A6%E5%AD%90%E3%81%A9%E3%82%82%E3%81%8C%E9%A3%BC%E8%82%B2%20%E8%A6%B3%E5%AF%9F%201

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました